今回の記事では「刑事ゆがみのドラマが面白い5つの理由」について書いてみたいと思います。まだ中盤戦ですが、これまでのところ個人的には十分に満足できる内容です!

 

 

刑事ゆがみの見どころはこの5つ!

刑事ゆがみ毎週楽しみに見ていますが、僕が考える刑事ゆがみの面白いと感じる理由を5つ紹介してみたいと思います。

 

面白い理由① イケメンなのに童貞の羽生虎夫のオタオタがかわいい!

まずは神木隆之介さん演じる羽生虎夫が何と言っても可愛すぎ♡これは男性目線から見てもかわいくなってしまうほどです(^^)

 

ドラマの中では「25才童貞」ということで、ゆがみ刑事からいじられまくってますが、そのやりとりや慌てる様子などがたまらないですよね。神木さんキュート過ぎです!

 

また、オタオタする仕草とは逆に、事件の真相を追いかけるときの神木さんのシリアスな表情はすごくセクシーなんですよね。このギャップが羽生虎夫、そして神木隆之介の魅力だと思います。

 

こちらで神木さんのキュートなシーンとかっこいいシーンをより直ぐってまとめてありますので、よかったら覗いていってくださいね♪

神木隆之介(羽生虎夫)の「かわいい」「かっこいい」シーンまとめ!

 

面白い理由② 弓神適当の「てきとーだけど神刑事っぷり」がすごい!

そして、浅野忠信さん演じる主人公のゆがみ刑事ですが、これまたクセのある刑事ですよねー。名前も適当になってるし(読み方はこれで『ゆきまさ』です)。

 

基本的にテキトーで、違法捜査もお構いなしのやんちゃな刑事さんですが、本質を見抜く鋭い洞察力は神ってますよね。羽生がいつもいじり倒されながらも、ゆがみに一目おいているのは、やはり刑事としての経験とか洞察力がすごいと認めているからです。

 

ゆがみが何か気にしたり、不自然な行動を起こしたら伏線なので注目してみていてくださいね♪

 

面白い理由③ ヒズミのキャラと過去が気になる・・・!

登場人物の中で特別な雰囲気を放っているのがヒズミ=氷川和美(山本美月さん)です。

 

ゆがみの協力者のハッカーということですが、まったくしゃべりませんし、どこで出会って、なぜゆがみに協力するのかさっぱりわかりません。このあとストーリーが進むにつれて次第にあきらかになっていくと思いますので、楽しみですね(^^)

 

あと何気に山本美月さんのパッツン前髪、かわいいですよね♪

 

面白い理由④ 犯人目線からの大義名分が考えさせられる・・・!

刑事ドラマって犯人は狡猾で救いようのない悪人が多いですが、刑事ゆがみの犯人役は、それぞれに犯行に及ぶ理由や自分の正義のようなものを持っています。

 

事件の背景に潜む事情とか動機が、事件解決後も何かモヤっとするものを残しますけど、そういうのを考えてしまうのもこのドラマの魅力ではないでしょうか。

 

あと、必ず最後はコミカルに終わるところがいいですよね。事件の真相って結構気持ちが沈んでしまうことがありますけど、ゆがみ、羽生、菅能が最後に笑いを持ってきてくれることで、笑顔でドラマを見終えることができます。

 

面白い理由⑤ ドラマのテンポが心地よい!

刑事ゆがみはあっという間に1時間が過ぎちゃいます。なんでかなーって考えていたら、ドラマのテンポ、ゆがみと羽生の会話のテンポがすごくいいので、みていて全然飽きないんですよね。

 

 

犯人の残した伏線の回収も自然ですし、最後に納得してドラマを見終えることができます。あと挿入されるBGMがかっこいいです。事件が解決に向かうところでザワザワ~ってきますよね(笑)

 

 

まとめ

ということで、今回は「刑事ゆがみのドラマが面白い5つの理由」について紹介してみました。今期のゴールデンタイムのドラマほとんど見ていますが、すごく面白い部類に入ると思います。

 

これから後半戦に入っていきますが、どんどん面白くなっていくので、少しずつ刑事ゆがみロスがはじまりつつあります(^_^;)

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m